キャンパス地の品が良いキャリーバッグですが、革の塗装が、乾燥により割れて傷みがかなり来ていました。

ご相談いただいたお客様も、愛着はとてもある。でも、痛みが激しく、持ち歩くのは出来ず、他のBagを探してみたものの、やはりこのキャンパス地を直して使用したい!とお持ちいただきました。

キャンパス地と中側は、きれいで、リペアをすれば、立派に使用できるようになるはず。

 

❐  劣化している各箇所です ❐

 

触れば触るほど、塗装が剥がれる状態です。

今回は、ダメージ状況を載せています。

リペア終了後のバックは、後日、ご紹介します。

ご期待ください。。。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。